>

災害が起こっても耐えられる

安心して暮らせる物件

耐震性が低い物件は、安全ではないのでオススメできません。
すぐに耐震性が高い物件を見つけて、引っ越してください、
耐震性が低いと、地震が起こった時に崩壊するリスクがあります。
自分の身を守れないので、耐震性は大切な条件だと覚えてください。
サイトの説明を見たり、不動産屋に聞いたりすることで耐震性に優れている物件を探せます。

自分で判断することが不安な人は、不動産屋の力を借りましょう。
不動産屋はたくさんの情報を持っていますし、耐震性についても詳しく説明してくれます。
1人で探すよりも心強いので、頼ってください。
ただ不動産屋を利用する場合は、仲介手数料が発生します。
その費用も用意して、信頼性の高い不動産屋を活用しましょう。

良さそうな物件を見に行く

写真を見たり、不動産屋から物件に関する説明を受けたりしただけで、そこにしようと決めないでください。
自分がこれから暮らす場所ですから安易に考えず、とりあえず見に行くことが大事です。
見学に行くと、耐震性以外の情報も把握できます。
近くにどのような施設があるのか、またそこまで行くのにどのくらいの時間が掛かるのか、実際に歩いて計測すると良いでしょう。

するとサイトでは駅から5分と書いてあるのに、それ以上の時間が掛かることに気が付くかもしれません。
さらに見学は、不動産屋についてきてもらうことをオススメします。
するとその物件のポイントを細かく説明してくれるので、自分が想定していた条件に一致するのかわかるでしょう。


この記事をシェアする